• Usagiya
  • facebook
  • Twitter
  • お問い合わせ
  • WAKUWAKU

STAFF BLOG スタッフブログ

トリミング

真夜中の訪問者

前職で米子に住んでいたときのこと。

当時、レ〇パレスの2階の端の部屋に住んでおりました。
日本海には歩いて1分くらいの距離、隣には何もなく、まわりは外灯もほとんどない寂しい場所でした。
深夜1時頃、そろそろ寝ようと思ったとき、

「ピンポーン・・ ピンポーン・・・ ピンポーン・・ ピンポーン・・・」

と玄関のドアチャイムが鳴りました。

当時、現地の友人はおらず、ましてやそんな深夜にたずねてくるような人は絶対おらず。

(え、何?! 怖い・・・!!!)

そーっと電気を消し、気付かれないように出来るだけ静かにベッドにもぐりこみました。

その間も「ピンポーン、ピンポーン・・・ ピンポーン・・・」

ドア1枚隔てた向こうに、だ、誰か、知らない人がいる・・・

外は台風のように風がとても強くて、窓はガタガタと音を立てて鳴り、
一人ぼっちの私は、襲われる!殺される!と恐怖に震え、真っ暗な部屋で息を殺し布団にもぐりこむ。

部屋も外も真っ暗、まわりは日本海、逃げるところもない、頼る人もいない・・・
深夜に電話できるところ・・・そうだ、とりあえず家族に電話!

その間も呼び鈴は鳴り止まず、ピンポーン・・・ ピンポーン・・

「警察に電話し!!」と背中を押してくれて、恐怖の中、布団にくるまり、声を殺して、警察に電話。

声が震えてうまく話せない。

なんとか状況を説明したものの、警察を待つ時間はものすごく長く感じられました。


ほどなくして声が聞こえる。


「アサ◯ラさーん。アサ◯ラさーん。」

「警察です、出てきてくださーい」


い、いやだ!怖い!絶対いやだ!

警察とか言ってるけど、多分犯人だし!


「アサ◯ラさーん。」「大丈夫ですよー」


ん?

んん?

忍び足でドアまで行って、のぞき穴から覗いてみると、警察ふたりがそこに。

意を決してドアを開ける・・

「あ、アサ◯ラさん? これですね?」

と、ドアの隣に並んで設置している、水道メーターが入っているハコのドアを指さす。

ロックが外れている・・

そのドアが、強い風でバーンと開いた先にちょうどチャイムがあって、

ドアがバーン! → ピンポーン・・・
ドアがバーン! → ピンポーン・・・

正体はコレか・・・

やってしまった・・・

「今日ここ開けましたか?」

そういえば、その日水道の不具合で、水道局に電話して指示受けながら、メーター触ったわぁ・・・
ロックがしっかりかかってなかったんだ・・・

「開けました、スミマセン・・・」

こんなことで騒ぎ立てた自分が恥ずかしいやら、警察がふたりも来てくれたことが申し訳ないやらで、
スミマセン・・スミマセンでした・・・と警察の方に謝りたおしました。

みなさんも気をつけて下さいね!

H.A


このページの先頭へ